CBD以外の大事なカンナビノイド成分についてまとめてみた

CBD以外のカンナビノイド成分についてまとめてみた

 

結論から書くと、

CBG、CBN、CBC、THCVなどCBD以外にも注目するべき成分はたくさんあります。

 

ただし、

レアカンナビノイドと呼ばれるCBGやCBN成分などは、まだまだ研究段階で詳しくは解明されていません。

なので正確に(どんな効果があるのか)を知る事は不可能です。

 

ヨーキー
ヨーキー

CBG、CBN高含有はマカロニCBDリキッドで試せます。

 

・体感

CBNリキッドの感想

 

・使い分け

CBD、CBG、CBNの使い分け

>>CBN (カンナビノール)の感想と注意点について

 

ヨーキー
ヨーキー

CBDのすべて』や海外の文献も読み漁ったりしていますが、感じ方は出てきません。自分の体で試すのが1番です。※長期目線による〇〇に期待できる効果~~とかは論文など根拠が欲しいですが

 

※引用が多いですので、ご了承ください。

※何か間違いなどがあれば、ご指摘ください。

※気が付いた事は編集&追記していきます。

 

ヨーキー
ヨーキー

自動翻訳の引用もあるので、効能効果についてよりも、”一つの気づき”として参考程度にお願いします。

 

CBDを含む重要なカンナビノイド成分まとめ

日本ではCBDだけが先行していますが、注目するべき成分はCBDだけではありません。

 

  • THC
  • CBD
  • THCV
  • CBDV
  • CBG
  • CBC
  • CBN

 

ヨーキー
ヨーキー

どの成分がどれだけ含まれているかを把握することで、用途、目的に合った理想のCBD製品を見つけやすくなります。

 

引用元:日本臨床カンナビノイド学会

 

THC (テトラヒドロカンナビノール)

マリファナの主要な精神活性物質であり最も有名な成分です。1964年にイスラエルの科学者メクラム氏によって化学構造が同定された。Δ9-THCタイプとΔ8-THCタイプがあるが、前者の方は精神作用が強く、後者はその25%程度しかない。一般的にTHCというとΔ9-THCのことをいう。マリファナにはTHCが3~25%含まれ、品種によってその含有量が異なります。THCには痛みの緩和、吐き気を抑え、けいれんを抑え、食欲増進の効果があります。マリファナを吸うとよく食べ物がおいしく感じるのはTHCの効果です。

 

THC0.3%以下をヘンプ、0.4%以上のものをマリファナとして区別されています。※国によって違うかも

 

ヨーキー
ヨーキー

日本では完全に違法なので、THC完全除去の製品だけ購入できます。そのため海外のフルスペクトラム製品と、日本に入ってくるフルスペクトラム製品は中身が違ったりします。(日本向けってやつ)

 

CBD(カンナビジオール)

THCが0.3%未満の産業用品種に多く含まれており、THCに次ぐ有名な成分です。THCのような精神作用を引き起こさない。海外ではCBDを10%以上の高濃度に含む品種も開発されている。2009年の文献レビューでは、抗不安、抗てんかん、神経保護、血管弛緩、抗けいれん、抗虚血、抗ガン、制吐、抗菌、抗糖尿、抗炎症、骨の成長促進についてCBDの薬効が列挙されています。

 

ヨーキー
ヨーキー

CBD単体=アイソレートの事を指します。CBDの情報は溢れているので、割愛します。

 

THCV(テトラヒドロカンナビバリン)

カンナビノイドの「スポーツカー」

THCとよく似た構造をもつが、植物体内ではCBGを前駆物質とせず、別系統のCBGVを前駆物質とします。食欲を抑制し、発作とけいれんを減らし、骨の成長促進を刺激する作用があります。中央アジアやアフリカ南部の品種にこの成分が含まれています。

ヨーキー
ヨーキー

ダイエットにはTHCV?

 

テトラヒドロカンナビバリン、またはTHCVは、大麻のサティバ株で最も一般的に見られる精神活性カンナビノイドです。よりやる気があり、注意深く、活力に満ちた陶酔感を生み出すことが知られています。このため、日中や機能が重要なときはいつでもお勧めします。

THCVはストレスを和らげ、研究によると、不安やパニック発作を軽減または予防するのに役立つことが示されています。このため、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に重要な役割を果たします。また、神経保護作用があるため、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症などの症状の治療に最適です。THCとは異なり、THCVは食欲を抑える働きがあるため、悪液質や神経性食欲不振症の患者にはお勧めできません。

引用元:>>https://www.crescolabs.com/

ヨーキー
ヨーキー

THCと誤認されそうな名前・・・ 海外の原料通販見ると、CBDの数十倍の価格でした(汗)

 

⇓海外サイト

>>https://www.leafly.com/

>>https://acslabcannabis.com/

>>https://www.cannamd.com/

 

CBDV(カンナビジバリン)

CBGVを前駆物質した精神作用がなく、GW製薬の研究によるとてんかんの治療に有用であることが示されています。野生のネパール種にはこの成分の含有量が高いものがあります。

ヨーキー
ヨーキー

病気の事については触れれませんが、”抗てんかん作用”として注目されている成分の1つです。

 

⇓海外サイト

>>https://www.leafly.com/

>>https://wayofleaf.com/

 

CBG(カンナビゲロール)

植物体内でTHC、CBD、CBCの前駆物質である。主に抗菌作用をもち、炎症を抑え、ガン腫瘍を抑制し、骨の成長促進をすることが様々な研究から明らかになっています。また、イギリスのGW製薬の研究によるとうつ病の治療に有用であることが示されています。

 

ヨーキー
ヨーキー

希少成分として価格はCBDよりも高いですが、CBGパウダーなども販売されていたりと、本場でも注目を集めている成分です。

 

 

ヨーキー
ヨーキー

ベンゾジアゼピンを服用している彼女は、CBG配合の製品をいつも(体に合う)と気に入ってたのですが、もしかしたら・・・  

 

VAPEマニアのブログでもCBGについてまとめられています。

 

CBGに期待できる効果まとめ

・痛み
・抗菌
・抗炎症
・不眠
・うつ
・骨の成長
・食欲増進

 

⇓海外サイト

>>https://honestmarijuana.com/cbg/

>>https://www.leafly.com/

>>https://tanasi.com/

 

ヨーキー
ヨーキー

海外の情報を探ると、CBGオイルなども数多く販売されています。日本でもCBGに着目した製品が続々と出てくると予想しています。

 

>>CBG配合の商品レビューはこちら

 

僕はCBG多めに摂取すると、思考がクリアになり落ち着きます。なので、一息付きたい時とかに体がCBGを欲します。
 

CBC(カンナビクロメン)

THCやCBDとは異なる構造をもつ。研究は発展途上だが、疼痛の軽減、炎症を抑え、ガン腫瘍を抑え、骨の成長促進の作用があります。また、最近の研究では神経の新生にも関与していることが示され、神経変性疾患への治療へ応用が期待されています。

 

 

CBCはいつか非常に強力な抗ニキビ治療になるかもしれません。

引用元:>>https://www.leafly.com/

 

ヨーキー
ヨーキー

僕は20年以上苦しんできた肌荒れがどっかに行ったんですが、実はCBCのおかげ?

 

⇓海外サイト

>>https://originalfarm.com/

>>https://wayofleaf.com/

 

CBN (カンナビノール)

CBNは「眠そうなカンナビノイド」

CBNはTHCの分解によって生まれる副産物です。THCの10分の1程度の精神作用がある。痛みの緩和、炎症を抑え、睡眠補助の作用が明らかとなっています。

 

ヘンプの成分の一つで主に鎮静効果があると言われており、その高い効果から不眠など様々な疾患に対する治療薬として研究が進められています。ブロードスペクトラムを摂取すると眠気を感じるのはCBNの効果でもあると言えます。

引用元:オルガニCBDジャパン公式Twitter

 

ヨーキー
ヨーキー

眠気を感じるのはCBNの効果。 これは興味深い話です。

 

 

CBNは「眠そうなカンナビノイド」と呼ばれることもありますが、科学はこの主張を完全には支持していません。CBNは、特にカンナビノイドとテルペンのプロファイルのためにサティバよりも鎮静作用があると考えられているインディカ株でTHCと組み合わせると、鎮静作用を生み出すことが逸話的に知られています。しかし、1970年代に、CBNのみ、CBNとTHC、およびTHCのみを経口投与したヒトに関する小規模な研究[7]では、これら2つのカンナビノイドの組み合わせがTHCと比較して高レベルのめまいと眠気を引き起こしていることがわかりました。 CBNだけでは、被験者は眠くも高くもなりませんでした。

引用元:>>https://www.royalqueenseeds.com/

ヨーキー
ヨーキー

自動翻訳なので意味は違うかもですが、THCと組み合わせることで~~とも書かれています・・・

 
※CBNリキッドを自作していますが、個人的にはCBDとは違った効き方します。(作用する場所が違う感じ)

 

CBN (カンナビノール)の感想と注意点ーCBD、CBGとの違いや使い分けについて
CBN(カンナビノール)とは?夜用カンナビノイドとも呼ばれるSNSで話題沸騰中の成分です。CBD、CBGとの違いは? CBN高濃度を販売しているCBDブランドは2つ。CBDで効果を感じないって方はCBNをお試しください。

 

僕はCBNを摂取すると、(ぐわんぐわん)(過集中)(音楽最高)とかなり強烈に作用します。

 

⇓ここから先は、まだよく分かっていない成分です。

CBL(カンナビシクロール)

天然のアサにCBLを生成する品種があり、精神作用はない。CBLはCBCに対して光や酸化によって生まれる副産物でもあります。薬理作用はまだよくわかっていない。

CBND(カンナビノジオール)

CBND(カンナビノジオール)

CBDから派生した化合物であるが、薬理作用は知られていない。

CBE(カンナビエルソイン)

CBE(カンナビエルソイン)

植物体内のCBDAやCBDに対して光や酸化されるとCBEがつくられます。また生体内でCBDの代謝によってもCBEがつくられます。薬理作用は知られていない。

CBT(カンナビノトリオール)

CBT(カンナビノトリオール)

日本在来種、ジャマイカ種などの天然のアサで生成する品種があるが、植物体内の生合成の経路や薬理作用は知られていない。

 

CBD以外の重要な成分まとめ

THCV(テトラヒドロカンナビバリン)

=カンナビノイドの「スポーツカー」

 

  • 食欲を抑制
  • 活力アップ
  • サティバ系に豊富

 

 

CBDV(カンナビジバリン)

  • 抗てんかん作用で注目を浴びている

 

 

CBG(カンナビゲロール)

  • 自律神経を整えるGABAに作用
  • 骨の成長促進
  • CBGパウダー単体でも購入できる

 

 

CBC:カンナビクロメン

  • 抗炎症
  • ニキビにも?

 

 

CBN (カンナビノール)

=眠そうなカンナビノイド

 

  • 眠気を感じるのはCBN効果?
  • インディカ系に豊富

 

ヨーキー
ヨーキー

個人的な意見ですが、論文などを探すよりも、成分分析表などをチェックして、(自分の体に合う成分は?)と実際に試すのが1番だと思います。

 

⇓”無駄に高いもの””単なるセールスコピー”に引っかからないための対策にも重要です。

”ブロスペ””フルスペ”の違いと、製品の良い悪いの見抜き方【Coaのチェック方法】
日本においてブロードスペクトラム、フルスペクトラムに差はありません。商品を売るためのセールスコピーです。CBDアイソレート商品をフルスペクトラムと表記しているようなショップも。。。Coa(成分証明書)でCBD以外のカンナビノイド成分がどれだけ含まれているかのチェックが重要です。

 

 

CBDとの違いを体感できるかも?

マカロニCBDリキッドの購入レビュー

 

ヨーキー
ヨーキー

CBD、CBG、CBNの吸い比べが可能です。

実際に試す事で、僕には日中はCBDアイソレート、夜や休日はCBNが最適だと実感できました。

 

⇓CBG、CBNリキッド

【CBNリキッドは強烈?】マカロニCBDについて
『CBD、CBG、CBN3種のリキッド』『セントジョーンズワート、ラベンダー、ペパーミント3種のCBDハーブ』を販売しています。CBNリキッドは超高濃度CBDリキッドやCBDワックスよりも体感が強めで個人的には最強の成分です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました